外断熱工法の内断熱工法の違いと特長

塗るだけで外断熱を実現!断熱材にも負けない断熱塗料ADIVAアディバ

外断熱とは

外断熱工法とは

外断熱住宅は、現在欧米で主流の外断熱工法で建てられた高気密・高断熱の家です。外断熱工法は、1970年代前半のオイルショックによって「省エネ」を考えたエコ住宅の発想から普及した、欧米では主流の断熱工法です。
ドイツやスウェーデンでは、新築住宅のほぼ100%が外断熱住宅と言われています。外断熱とは、一言でいうと、住宅の壁の外側を断熱材で覆う工法です。
住宅の壁の内側に断熱材を配する内断熱工法に比べ、外気温に影響されにくい(住宅内の温度を、昼夜問わず一定に保ちやすい)、結露しにくい、耐久性が高い(建物が劣化しにくい)、とった特長があります。
日本でも、ほぼ全域が亜寒帯湿潤気候の北海道において、暖房費の節約などを省エネを目的をした外断熱工法が発達しました。

ヨーロッパ住宅(外断熱工法)と日本住宅(内断熱工法)の寿命と構造の違い

日本の家は、一般的に内断熱工法
ヨーロッパの家は外断熱工法が基本です。

日本の住宅とヨーロッパの住宅

国による建物の寿命

グラフ

外断熱の特長
  • 建物の寿命を延ばすことができる
  • 光熱費を抑えることができる
  • 快適な環境を維持することができる
  • 室外音(騒音)と室内音を低減できる
  • 結露が発生しにくい
外断熱と内断熱の構造の違い

外断熱と内断熱

内外断熱のメリットデメリット

外断熱のしくみ

現状の内断熱住宅から
塗るだけで外断熱住宅を可能にします。

一般断熱材とADIVAの違い

一般断熱材 【Ordinary thermal insulation】

熱伝導率の低い材料のことを断熱材といいます。
「繊維系」と「発泡材料系」に大別され、約90%が繊維系の断熱材です。
熱伝導率×厚みによって断熱効果が発揮され、大量の空気層(断熱層)に熱を溜めることによって断熱をしてるので保温性にも優れています。
しかし、熱容量の飽和点を超えてしまうと逆に放出材となり、本来の断熱性が失われてしまうのが欠点です。
また、熱と一緒に水分も蓄えてしまうので、壁の内側から建物を傷めてしまうことがあります。

断熱塗料 ADIVA 【Heat insulation paint 】

一般の断熱材とまったく違うメカニズムで断熱しています。
ADIVAは特殊セラミックとアクリルシリコン樹脂を配合した塗料であり、塗付後、乾燥と同時に塗膜表面に断熱層を形成します。
この断熱層が太陽光や冷暖房器具からの熱(放射熱)を反射。
さらに、低熱伝導率特性を持ち、断熱層に熱を溜めないために一般の断熱材のように断熱層自体が放出材となって、抱えきれなくなった熱を構造材の内側に移動させてしまうことがありません。

※ADIVAは熱容積(厚み)がありません
ので、塗膜そのものに保温性はありませ
ん。外装塗付(屋根を含む)により建物
全体を包み込む、または、内装塗付によ
り室内全体を包み込むことで保温性を発
揮します(ポットの構造に酷似していま
す)。※ADIVAは成分に極小のセラミッ
クを使用しています。乾燥後に塗膜表面
に30層前後の保護層を形成し、熱や音を
遮断します。

断熱材と結露の関係

結露とは、空気中に含まれる水蒸気が冷たい材質の表面に凝結することにより、気体でいられなくなって窓や壁などの冷たい部分に水滴となってあらわれる現象です。
内装を腐らせて建物を傷めたり、発生したカビによって健康を損なうなど、放置すると深刻な事態を招くため決して軽視できません。

一般断熱材 【Ordinary thermal insulation】

一般の断熱材は、外気温の冷たさを室内に伝えにくくすると共に、建物の保温性を高め、室内温度を下がりにくくする効果があります。
しかし、外気から浸入した湿気や、室内から漏れた水蒸気が壁の中に浸入し、壁の内部で結露が発生する恐れがあります。水分を含んだ断熱材は性能が低下するだけでなく、発見が遅れると建物を傷めて大きな損害に繋がります

断熱塗料 ADIVA 【Heat insulation paint 】

ADIVAは、塗膜に熱エネルギーを溜めるのではなく、熱を反射しながら断熱しています。内壁で反射を繰り返すことで、室内の温度を均一に近づけていくので、部分的に温度の低い箇所が発生しにくくなり、結露の原因になりやすい“温度ムラ”を作りません。また、塗膜の特性により、構造体からの熱を室内に侵入させないようにするためさらに室内の空気中の温度の安定が図れます。

体験サンプルプレゼント

お見積り依頼・資料請求

施工店検索